• 入院費用には、医療費、食事代、保険外負担金があります。
  • 入院費用のおおまかな目安(月額)として(保険外負担金を除く)
    国民健康保険・社会保険の場合は・・・・・・・・月額14万~16万程度(3割負担)

医療費

医療費の計算は健康保険法の定めるところにより計算します。各保険で定められた負担割合で算出した一部負担金をお支払いただきます。

75歳以上

1割負担(一定以上所得者は3割)

70~74歳

平成26年4月1日までに70歳になられた方
1割負担(一定以上所得者は3割)

平成26年4月2日以降に70歳になられた方
2割負担(誕生月の翌月より)(一定以上所得者は3割)

3~69歳

3割負担

3歳未満

2割負担


※国保組合は負担割合が異なる場合があります。

高額療養費制度

  • 医療費の一部負担金が高額になったとき、申請をして認められた場合、自己負担限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。なお、老人保健該当の方は別計算となります。
  • ただし、特定療養費の差額部分や入院時食事療養費は支給対象にはなりません。

●70歳未満の方(老人保健対象者を除く)

(A)市町村民税非課税(低所得者)
生活保護の被保険者や市町村民税非課税世帯などの方
 自己負担限度額・・・・・・35,400円〔24,600円〕

(B)上位所得者
月収53万円以上及び国民健康保険においては年間所得600万円超の方
自己負担限度額・・・・・・150,000円+(医療費-500,000円)×1%〔83,400円〕

(C)一般
(A)、(B)に該当しない方
自己負担限度額・・・・・・80,100円+(医療費-267,000円)×1%〔44,400円〕


●70歳以上の方(一定の障害(注1)のある方は65歳以上)

(A)市町村民税非課税Ⅱ
生活保護の被保険者や市町村民税非課税世帯などの方
 自己負担限度額・・・・・・24,600円

(B)市町村民税非課税Ⅰ
生活保護の被保険者や市町村民税非課税世帯などの方で、かつ所得が一定基準に満たない方
 自己負担限度額・・・・・・15,000円

(C)一定以上所得者
課税所得が145万円以上及び健康保険・船員保険においては月収28万円以上の方
 自己負担限度額・・・・・・80,100円+(医療費-267,000円)×1%〔44,400円〕
 ※(1)70歳以上の方が一人の世帯の場合年収450万円未満
 ※(2)70歳以上の方が二人以上の世帯の場合年収637万円未満
 上記(1)・(2)の方は申請すれば(D)一般となります。

(D)一般
(A)、(B)、(C)に該当しない方
 自己負担限度額・・・・・・44,400円
 ※同じ世帯で過去12か月以内に3回以上高額療養費を受けた場合、4回目以降は〔  〕の限度額となります。

(注1)一定の障害とは
      (1)身体障害者手帳の等級が1~3級の方
      (2)国民年金の障害1~2級の方など

※70歳以上の方で、(A)(B)に該当する方は、「標準負担額限度額認定証」を受付窓口にご提示ください。

 高額療養費貸付制度

 医療費の一部負担金が高額であるため、支払が困難な方に対し、自己負担の一部を貸付ける制度です。(無利子)  ※詳しくは各市町村へお尋ねください

食事代

食事療養費は、高額療養費の対象にはなりませんが、「減額認定証」の交付を受けてる方は下記の負担金となります。

区分 1食あたり負担額
一定以上所得者及び一般 460円
低所得Ⅱ(90日までの入院) 210円
低所得Ⅱ(12か月の間に91日以上入院した場合) 160円
低所得Ⅰ 100円

入院費用の支払方法について

入院費用につきましては、月末締めで翌月の10日から15日頃に到着するよう請求書をお送りいたします。
お支払方法は、原則、山陰合同銀行口座振替にてお願いいたします。
口座の無い方は、当月末までに銀行振込や郵便振替でお支払いいただくか、平日に受付窓口においてお支払いください。


銀行口座  山陰合同銀行/宍道支店 普通預金 2047667
        医療法人 同仁会   こなんホスピタル

  • 郵便振替  口座番号01420-7-1350
            こなんホスピタル